西日本周遊してきました 八代編


 熊本に用事があったので、そのままついでに西日本周遊の旅に出てきました。

IMG_1275
熊本までは九州新幹線さくらでいってきました。指定席を取ったのですが、なんと私の取った席はお一人様シート。
これは快適ですね。壁際だから窓も見られて、コンセントがあるのでパソコンも触り放題。
やっぱり鈍行の旅に比べたら、ずっと楽チンですね。
鈍行の旅も、それはそれで大好きなんですけどね。


IMG_1277
新八代駅につくなり、ガメロボットに遭遇。八代高専の作品らしい。なんとなく大陸の文化のにおいがするなあ、などと思いつつパシャリ。
八代の伝統行事、妙見祭では、荒ぶるがめを見ることができるそうです。
正式名称は亀蛇。
余談だけど、八代の獅子舞も結構独特。やはり大陸の影響を受けているのかな。


IMG_1280
駅に降りたころにちょうど、おれんじ鉄道名物、おれんじ食堂の列車が見つかったので、これもパシャリ。
一度乗ってみたい。電車の中で豪華なランチ、ディナーとか、憧れですよね。
肥薩おれんじ鉄道は八代から川内までを結ぶ第三セクターの電車。
食堂車に乗って、ゆっくり食事を楽しみながら、沿線の名物やお土産をもらえるツアーがあるらしい。


IMG_1282
新八代駅を降りてすぐのところに、松中記念館を発見。大阪で言えば、大阪駅からグランフロントくらいの距離感だよ。駅前の一等地だよね。
中にはホークス松中選手の若い頃からの年表や、さまざまな展示物。
やっぱりプロにいく選手って、尋常じゃない練習を積み重ねているんだな、と思いました。
せっかくなので、松中選手と写真を一枚。


IMG_1287
松中選手は、私が一番野球を見ていた時代に最盛期を迎えた選手で、思い入れも深いんですよね。このころは日ハムファンだったので、松中が三冠王を獲った年、セギノールが本塁打で同数トップになっていたことを私は決して忘れてはいませんよ。
井口、バルデス、城島、小久保、松中が揃っていた時代ってすごいよね。今考えても。ダイハード打線恐るべし。


IMG_1291
その後八代の山にも登ってみました。車でだけどね。
山の上から町を見下ろすと、ちょっと霞がかかってました。うまく写らんかった。残念。
肉眼ではもう少しよく見えたんですけどね。
一面が畑、田。はるか向こうに日本製紙の大煙突が見えて、昭和の風景がそのまま残っているような
ノスタルジーに浸れる風景でした。
八代はいいところですね。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *